マイクロ水力発電(小水力発電)Micro Hydroelectric power generation

導入実績Introduction

新見用水路設置

開放型中掛け水車

本計画実施にあたり、自然条件・水利権・その他発電に関する諸条件など多くのハードルがありました。
その中でも最も重要となるのが地元同意でした。事前の環境影響評価を行い、安全性を確保することはもとより、その地域に利益が還元されるような仕組みも必要となります。
そこで、当社が水路を借りて発電事業を行う「水路借り」という形態をとり、売電収益の一部を還元することに。用水組合の合意を得て、全面協力のもと設置・運用の開始となりました。

水車本体 直径 300mm
幅 130mm
全高 400mm(昇降器部分を含めると550mm)
発電機一式

定格7.5kW(一般家庭に換算すると約15世帯分相当)

実績 有効落差 約1.75m 最大流量 0.99㎥/s
外観  鉄製導水路 電気設備 

マイクロ水力発電(小水力発電)の事業紹介へ戻る